*All archives* |  *Admin*

2017/08
<<07  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  09>>
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
チェスキー・クルムロフへの旅
日本では、先週の金曜日のTBS「ふしぎ発見!」(HPはコチラ)で、
『チェコ・ボヘミア紀行』を放送していたようですね★

私は、金曜日の夜の夕食会はドタキャンしましたが
(家族や結婚準備のことでもめてました。。)、
土曜日は前々からお隣日系企業のF氏が
『チェスキークルムロフ(Český Krumlov)』に連れて行って下さる
と言っていたので、それはちゃんと行ってきましたぁ◎


朝7時(早ッ!!)。
F氏にお迎えに来ていただいて、いざ出発!
最初の目的地は、『コノピシュチェ城(Zámek Konopiště)』。
プラハから1時間くらいの
ところにポツンとある小さめのお城。
見学ツアーには参加しなかったけど、中にはたくさんの
鹿の角や武器が飾ってあるそう。小さなお城のわりには
結構観光客も来ていました。

それから1時間半のドライブの後に到着したのが
F氏オススメ『フルボカ城(Zámek Hluboká)』。

フルボカ城


チェスケー・ブディェヨヴィツェ(České Budějovice)の町の外れの小高い丘の
上に建つ、立派なお城でした。お城はとても綺麗
だったから、きちんと手入れがしてあるんだなぁ。
このお城には20世紀(のいつかは忘れた)まで普通に人が
住んでいたらしく、それぞれの部屋も当時のままという
ことでとても興味深かった。19世紀に日本から送られた
という鯉の形をした陶器もあって、すごくリアルに感じた。
お城内の教会では何組ものカップルが結婚式をやっていた。
こんな素敵な場所で結婚式なんて、羨ましいぃと思っちゃった。
記念にパチリッ★

結婚式


ところで、アメリカンビールで知られるバドワイザーの起源はチェコ
のこの町なんだよ。ここの酵母菌をアメリカに持ち帰って、
アメリカでビールを醸造して作ったのがバドワイザー!
覚えといてね★

そして、最終目的地『チェスキー・クルムロフ(Český Krumlov)』。
ここは、もちろん世界遺産都市。
チェスキークルムロフ城の城下の門をくぐって、町の中に入ると、
そこは別世界!!ブルタバ川が流れていて、その周りにぎゅーって
町が凝縮されているから、別称『プチプラハ』らしい★

Cesky Krumlov


私たちは町を散策して、お城のタワーにも上ってきました。
そこから見下ろした町の風景は、『素晴らしい!』としか
言いようがない!
風も気持ちよくて、その空間に浸ってしまいました。

Cesky Krumlov


帰りに、再度フルボカ城に寄って、お城のライトアップを見て、
今日の旅は終了。帰ったら夜中の1時でした。
ぶっちゃけものすごく眠かった。。
けど、全行程運転していただいたF氏に感謝感謝。

みなさん、ぜひ、一生に一度はチェコに来てください★
おいしいビールと感動の町並みが待っています★

チェコの観光情報はコチラ(英語とチェコ語のみ)


チェコ好きの人も、チェコに行ってみたい人も、
↓クリックしてください♪
スポンサーサイト
Secret
(非公開コメント受付中)

旅行ね、結局金銭的な問題でベトナムへ行くことにしたよ!ベトナム付近の国をフラフラするつもり☆
○ゆうこ
ベトナムとかはまりそうだね。
気をつけて楽しんでおいで〜
いつからいつ?
♪welcome♪
広告リンク
お願い
当ブログ掲載の写真の 無断転載・転用を禁止します。

BLOG&HP LINK★
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。